コラム

【週末エンタメ】こんな香取慎吾は見たことがない…!持ち味のコミカルさと影のある表情で体現したダメ夫像

目次

「新しい地図」として活動をスタートさせて、今年の9月22日で5年という節目を迎えた香取慎吾。近年では芸能活動はもちろん、個性を生かしたアーティスト活動など、さまざまな挑戦を行っている。

俳優としても5年ぶりの地上波ドラマ出演を果たした「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(2021年)など精力的な活動を展開しており、最新主演映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』が2022年9月23日(金・祝)より公開された。

夫婦間のあるあるをブラックに浮かび上がらせる『犬も食わねどチャーリーは笑う』 (C) 2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

香取慎吾のダークな一面が開花!近年の役者としての活躍

「人にやさしく」(2002年)での快活な主人公や「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両津勘吉といった漫画原作のキャラクター、三谷幸喜作品で見せるエキセントリックな演技など、持ち前のポップさを生かし、主にコメディー作品などでインパクトを放ってきた香取。

新しい地図として再始動してからは、そんな明るく豪快なイメージを裏切るような姿で新境地を開拓している。白石和彌監督作『凪待ち』(2019年)で演じたのは、ギャンブル依存症で定職に就かないろくでなしだ。

人生を立て直すために恋人の故郷で働き出すものの、恋人が何者かに殺され、仕事もうまくいかず…と立て続けに起こるトラブルに自暴自棄になっていく。そんな男の哀愁と狂気を、死んだような目が印象的な影のある表情やブチギレた時の圧倒的な迫力など、エモーショナルかつリアルに体現。さらに微かな希望を感じさせるような一面ものぞかせた演技は高く評価された。

その後も「アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜」の一匹狼な刑事や「倫敦ノ山本五十六」(2021年)での山本五十六役などシリアスな路線で重厚な存在感を見せつけた。一方、盟友・三谷幸喜監督との「誰かが、見ている」(2020年)では変人役に憑依。ほぼノーカットの一発撮りという実験的な撮影となったが、コメディアンとしての実力の高さを改めて証明した。

主演最新作で悪気はないがデリカシーもないダメ夫に変身!

香取が演じる裕次郎は、筋トレ命の無神経な男 (C) 2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

『犬も食わねどチャーリーは笑う』では、香取が持ち前の魅力を存分に発揮している。本作は、妻が夫へのうらみつらみを「旦那デスノート」というSNSに投稿し、ストレスを発散させていたところ、そのことがバレて大喧嘩に発展する…という結婚4年目の夫婦の関係を題材にしたブラックコメディーだ。

人当たりの良い性格のため、ホームセンターでは副店長として慕われている (C) 2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

香取が演じる夫・裕次郎は、ホームセンターに勤めるごくごく平凡な男で、職場では副店長として慕われる人当たりの良い明るい性格の持ち主。しかし無神経なところがあり、家では靴下をその辺に脱ぎ散らかし、妻・日和(岸井ゆきの)がご飯の準備をすることが当たり前と思っているような典型的なダメ夫だ。

悪気はないがデリカシーもなく、妻をイラつかせていることにも気付いていない。そんな夫の鈍感さをコミカルかつ巧みに表現しており、ご飯のメニューをリクエストする際の無邪気な表情や自分の興味のあることをつらつらと語る得意げな口ぶりなど、太々しい姿は説得力抜群だ。

妻役の岸井ゆきのと作り上げた絶妙にリアルな夫婦像

スーパースターの香取が平凡な男に扮するというギャップもユニークだ (C) 2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

投稿者が妻だと気付き、凍り付く表情などコミカルな魅力を存分に発揮している (C) 2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

その一方で、サイトの書き込みが妻によるものだと気付くとその太々しさは一気にトーンダウン。職場の倉庫で投稿をジーッと見つめる虚ろな眼差しや肩を落とした佇まいなど、負の感情をスクリーンに浮かび上がらせていく。コミカルさの中に時おりのぞかせるダークな表情は、状況に戸惑い、感情のやり場に困っている裕次郎のキャラクターにリアリティーをもたらしている。

そんな裕次郎とやりあう妻・日和役の岸井は、わずかな表情の変化で怒りや悲しみを見事に表しており、感情の起伏の低さからは夫への諦念すら感じさせる。表情豊かな香取の演技とのコントラストによって心の距離感が感じられるような絶妙な夫婦像を作り上げた。

香取と岸井との演技のテイストの違いが夫婦の距離感を示している (C) 2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

スーパースターが平凡な男を演じるというギャップを生かし、弱いところをさらけ出していく男の情けなさとその先の成長を表現した香取慎吾。その姿からは今まで見たことがないような驚きを味わえるはずだ。

文=ケヴィン太郎

インフォメーション

『犬も食わねどチャーリーは笑う』

2022年9月23日(金・祝)より全国ロードショー
https://inu-charlie.jp/

共有

最新記事

カテゴリ